2020年2月までにHTTPS化(SSL化)出来てないと危険レベルです!
2019年12月4日
2020年2月までにHTTPS化(SSL化)出来てないと危険レベルです!

あなたのホームページSSL化対策出来てますか?
2020年2月から、Google Chromeの仕様が大きく変わります!

https:// http://

WEBサイトのHTTPコンテンツ(暗号化されていない内容)がブロックされるようになると、Google Chrome が公表しています。

現在でも、http:// ~ から始まるURLのページは、
Google Chromeを使うと「保護されてない通信」と出てますよね。

Microsoft Edge だとこんな風に表示されます。

暗号化されてないページの表示

暗号化されてるページでは、鍵のマークがつきます。暗号化されてるページの表示

スマホでは、サファリでも、「安全ではありません」なんて表示されてるんです。
安全ではありません
ご存知でしたか?
自分のホームページが、安全ではない…。なんて、チョット悲しくなしですか?

でも、今までは、そんな表示だったけど、ページを見ることは出来てました。

でも、2020年2月からは、もっと大変なことに…。(◎_◎;)
混在コンテンツはブロックされる・・・?!(◎_◎;)

ん?どういう事?

そうなんです。もうサイトの常時SSLは前提のものとして
その上で混在コンテンツをどうしていくかというフェーズになりました。

 

2019年10月3日にGoogleのSecurity Blogでこのような記事が公開されています。
https://security.googleblog.com/2019/10/no-more-mixed-messages-about-https_3.html

 

つまりですね。
自サイトがSSL化されたWebサイトでも、別ドメインのリソース(画像、動画等)を読み込んでいる場合で、
読み込んでいる先のドメインがSSL化されていないと…

それらの画像や動画等が表示されない場合がある…という事になります。
ヒエ~~~(◎_◎;)

 

これって、意味がよく分からなくても、なんか、怖くないですか?

せっかくホームページがあっても、そのホームページで、信頼が落ちてしまうなんて事にもなりかねないんですよ。

あなたのホームページは、大丈夫ですか?

どうしていいのかわからない…って方は、この機会にぜひ、エニレイズにご相談してくださいね。

あなたのホームページ、診断だけでも大丈夫!診断だけなら、無料です!(^^)/

ホームページのご相談は、コチラ!>>


SSLとは?
暗号化通信のことで、Secure Sockets Layer の略文字です。ホームページを閲覧する際に、閲覧ソフト(ブラウザ)とWebサーバ間でのデータの通信を暗号化します。

#Chrome, #Google, #SSL, #URL, #セキュア, #セキュリティー, #暗号化, #無料
ホームページの作成 ・デザイン制作・更新サポート・ウェブ活用WEBコンサルティング・名刺 チラシデザイン・コーチング
ご相談、お問い合せはお気軽に!
お問い合せはコチラ →